shiroの変革

shiroの変革のバナー美容

shiroの変革のバナー

お久しぶりです。acoです♬

 

いやいや、お久しぶりのレベルをはるかに超えてるわけですが💦
久々な理由というのが・・・

 

実は今までブログに対して、
「情報量をしっかり盛り込んで書かないと!!」
「内容も大多数の方に興味を持っていただけるものでないと!!」
と意気込み過ぎて根尽きてしまい、結果的にブログから遠のいていたのですが、久々に書きたい熱が発生しまして、それと同時にこんな事がふとよぎったのです・・・

 

「正直そんなに見てくださってる方もいないんだから、ゆるりと書けば良いじゃない!!」

 

超正論ですね(笑)というわけで再開しました!!
改めましてよろしくお願いします🙇

 

 

今日は私も好きで使っている最近すごい勢いのブランド『shiro』の情報です!

 

 

今回の記事を書くにあたり、色々調べてみると意外な発見があったので、案外知られていない『shiro』のブランドの成り立ちからご紹介したいと思います。

 

 

1989年に北海道砂川市に株式会社ローレル設立。
元々は無印良品やフランフラン、アフタヌーンティ等のブランドの商品を手掛けるOEMメーカーとして誕生した会社でした。

 

2009年に自社ブランドローレル(LAUREL)を展開。
本当に自分たちが毎日使いたいものを世の中に届けるべく、OEMメーカーからブランドビジネスへと軸足を転換。
コンセプトを「自然の素材をシンプルに」と掲げ、肌に良い自然素材を最大限に濃く配合したコスメの商品の企画・開発・製造・販売のすべてを社内で行い始めました。

 

2015年に海外展開のためLAUREL EUROPE Ltd.を設立、ブランド名をshiroに変更。

 

2016年に海外1号店をイギリスロンドンにオープン。

 

現在は国内24店舗、海外4店舗を展開するブランドへ成長(2019/2時点)

 

 

そんな急成長を遂げた「shiro」なのですが、調べて驚いたのが北海道から始まったブランドであることや、元々OEMメーカーだったのは本当にビックリしました!

 

自然派化粧品で有名なCACの工場も北海道だったり、北海道は化粧品を作るのに向いている土地なのかな??と個人的に感じました。
あとは化粧品を作る技術があっても、資金が無いと研究開発できないという面では、OEMメーカーとして始まり、自社ブランドを立ち上げるまでに至るのは、計算された流れと考える事ができますよね。

 

 

私がshiroを知ったのは雑誌やメディアで「練香水が良い」とか「ロゴがシンプルで可愛い」とクチコミで知ったのがきっかけだったと思います。

 

 

口コミを参考に実際に店舗に足を運び、商品を見て試して感じたのは、シンプルな見た目の可愛らしさも魅力的ですが、原材料にこだわり、肌に優しい処方で安心感が感じられるという事を一番に感じました!

 

そんなこんなで、来店前は定番人気の練り香水を買う目的で来店したのですが、結局目的の練香水ではなく、保湿ミストを買うことになりました(笑)

 

ちなみに人気の練り香水(ホワイトリリー)が↓こちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【レターパック便】shiro ホワイトリリー 練り香水
価格:3542円(税込、送料別) (2019/10/13時点)

 

 

せっかくなので、私が購入した商品もサラッとご紹介します☺

ローズブーケオイルインウォーター

水を一切使っていないローズウォーターにオイルをプラスした化粧水。
微細なミストが気持ちよいんです♡

べたつかずにうるおいが持続、水とオイルのいいとこ取りをした新発想のフェイスミストです。水分をお肌に補給し、うるおいを閉じ込めて柔らかなクリア肌へと導きます。

ダマスクバラやラベンダーなどの精油をブレンドしたローズブーケの香りに癒されます♡

ご使用前はよく振って使ってください!

※現在はパッケージが変わり黒いキャップに変更しているようです

←こんな感じ

 

 

そんなナチュラル思考のshiroですが、何と今年の秋にブランド創設から10周年を迎えるこのタイミングでリブランディングするとの事です!!!!

 

ようやく認知されてきたこのタイミングが本当に良いのか?と私は少し心配ではありますが、きっと今後の展望も計算済だとは思うので、是非付いていきたいと思います。

 

リブランディングの骨子3つあるという事でして、

 

まず1つ目はクリエイティブ面!

ロゴデザイン、プロダクトデザイン、店舗デザインを一新するようです。
これまでの、自然素材を使ったプロダクトを想起させるナチュラルでシンプルなイメージを変更し、ラグジュアリーブランドとして訴求していく。ロゴデザインは小文字から大文字になるようです。
ナチュラルでシンプルな小文字が好きなのにラグジュアリーて大丈夫??・・・( ノД`)

 

また2つ目は、製品面!

メイクアップカテゴリーと香水アイテムを強化すること。
同ブランドはフレグランスからスタートして、その後スキンケアアイテムを拡充し、昨年メイクアップカテゴリーを追加していたが、スキンケアよりもメイクアップ・香水のニーズが高い欧米市場を見越した製品構成にしていく考えのようです。

かなり海外を意識したリブランディングなので、香水の香りも海外にウケるような濃厚なタイプになってしまわないか心配。今までのファンを置いてけぼりにだけはしないでくださいね~(´・ω・`)

 

 

最後の3つ目は、北海道・砂川市にある本社の東京移転と社名の変更!
海外市場における販売チャネルの開拓とPR機能の強化のために、東京・表参道にある第二本社としているオフィスに本社機能を集約し、社名をブランド名と統一してシロに変更するとの事でした。

 

 

シロに掛ける意気込みが伝わってきますね!

私は今までのshiroも大好きですが、進化していく✨新生シロ✨を応援していきたいと思います🎉🙌

 

shiroオフィシャルサイト

 

タイトルとURLをコピーしました